次回は6月10日、日曜発明学校【講演予告】

【6月の講演予告
講師:株式会社シューゼット 石田万友実様
演題:「シューゼットは5年に1度の一発屋」

ご講演の要旨:
昭和60年に誕生したシューゼットは、今年で33年目を迎えます。そして、シューゼットを発明した私の義理の母は、今年で81歳、その商品化を強く推し進めた義理の父は80歳、昭和から平成、20世紀から21世紀と時代をまたいで、愚直に続けて参りました。
嫁である私が加わったのは、石田家に嫁いできた年の1998年、つまり私がシューゼットに携わってから、今年でちょうど20周年。
そこで今回は、シューゼットの「今日までの33年間」を俯瞰して、「5年に1度の一発屋」と題し、お話しさせて頂ければと存じます。

(以下、編集者より)
以前から「シューゼット」という発明品の名前は、何度も聞いていましたが、今回、そのお話しを伺う事ができます。上記の要旨をいただき、シューゼット様での開発・製造・販売活動を、長く活動をされていることもわかりました。
シューゼット様のホームページを拝見すると、お越しいただく石田万友実様は、数多くのマスコミにも登場されていたり、埼玉県内では、以下の様な外部機関の役職も兼務されている方であります。本当にお忙しい中、お越しいただけます。
■ジェイコム(川口・戸田)放送番組審議会・副委員長 ■戸田市都市計画審議会委員
■草加商工会議所:登録専門家(商品開発)
■戸田市行政改革プラン懇話会・座長
■劇団四季・川口公演主催「川口四季倶楽部」副代表兼広報部長
シューゼットという会社様では、「石田万友実企画研究室」として私たちの知っている商品を扱われており、今回は、そのお話しを中心にいただけそうです。しかし、さらに、「シューゼット航空部」としての活動もされているとのことです。こちらは、日本の宇宙開発を地上実験機で支える、とされています。その一部も教えていただけるかもしれません。

リビングワンダーランド2017、東研会員小林克子さま、グランプリ受賞

2017年9月に東京国際フォーラムで、リビングワンダーランド2017が開催されました。発明学会さまの関係で、東海発明研究会の会員でもある小林克子さまが、

見事、クランプリ大賞

を受賞されました。おめでとうございます。

受賞された作品は、東海発明明研究会でも発表いただいていました「軽く持てる脱着斜め取っ手」であり、力学を応用し工夫を重ねられた、本当に使い易いアイデア品です。

市場に広く普及することを期待しています。

日曜発明学校 祝700回達成

皆さまのお陰をもちまして、6月の日曜発明学校は、昭和34年1月より数え、何と700回目という記念すべき会でした。昼食時間が延びましたが、よく写真に入っていただきました。

ありがとうございます。これからも、ご愛顧いただきますよう、よろしくお願いします。

東海テレビに出演

%e3%83%8f%e3%83%84%e3%83%a2%e3%83%8e

東海テレビさまの番組「福田彩乃のハツモノ」に東海発明研究会が出演しました。

MC福田彩乃さまとヴィレッジヴァンガードの長谷川さまによる番組進行の中、東海発明研究会からは、伊藤ふきえさま、太田武敏さま、吉川政子さま、藤川ゆりさまの4名に参加いただきました。収録は随分以前に栄の東海テレビであったのですが、本当に楽しい3時間の収録でした。MCの福田彩乃さまと掛け合いをしながら発明品の紹介をしてもらったのですが、下打合せなどなく、ほとんどがアドリブです。しかし、いずれの方も素晴らしいトークを連発されていました。30分番組のため、使われていない部分も多いのですが、それぞれの方の個性を活かした編集をしていただけたと思っています。番組の最後に「第一回ハツモノ発明大賞」の発表があり、太田さまが選出されました。おめでとうございます。

img_1441    img_1443

科学オモチャ研究会のご紹介

ご講演いただきました市原千明さま主催の「科学オモチャ研究会」をご案内します。

[科学オモチャ研究会]

開催日    毎月の第一日曜日が定例会

時間     10:00~12:00(9:45開場)

場所     市原さま宅 名古屋市昭和区吹上町2-24

連絡先    電話 090-7850-6931 メール yonobunte59@gmail.com

参加費    500円

参加申込み  事前に連絡を入れてください

東研会員の梅田勲さま、読売新聞に掲載

2015年7月15日付けの読売新聞に、東研会員の梅田勲さまの記事が掲載されました。すばらしい活動が注目され、「NEXTらいふ」というコーナーに何と5段抜きで紹介されています。

東研でもお話をされていました「ギターの音色に関する特許」について、ご自身でギター製造会社「パラコーン」を設立され、活発に活動をされているという記事です。

タイトルを「特許の「音色」世界に響け」とし、66際での起業をたたえる内容です。東研のわれわれも大いに参考に、これからも頑張りましょう。

新聞記事内容はこちら ⇒ http://www.yomiuri.co.jp/economy/job/middle/nextlife/20150715-OYT8T50035.html