次回は3月11日、日曜発明学校【予告】

【3月の講演予告】
講師:旭電機化成株式会社 専務  原 守男様
演題:「企業が希望する個人発明のいろいろな事例と手順」

講演要旨:
原専務さまより、演題に合わせたご講演目次を送っていただきました。まさに私たちが知りたいこと、「個人の発明品を扱っておられる企業様は、どのような観点で見ておられるのか」をご説明いただける内容です。
以下、原専務さまからのご講演目次(レジュメ)となります。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【企業へのアピール】
1 資料で説明 (図:漫画でもOK 試作品があれば画像)
効果効能(特徴)箇条書きに パテントの有無 類似品調査
2 よければ連絡や面談
【個人の方で 成功された事例や失敗事例】
1 トイレットペーパー利用グッズ
2 レモン絞り
3 ごますり
4 植木鉢 カバン 傘 化粧品 刃物
5 企業と個人の仕事ぶんたん 、その他
【個人発明家との接点】
1 発明展見学
2 来社されて面談
3 資料を見て
4 テレビ局(マスコミ)
【取り組み実践例】
1 取り組み可能性を高めるには
2 役割分担の基本的姿勢は需要
3 企業のジャンル確認 発明の完成度 発明の魅力度
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

リビングワンダーランド2017、東研会員小林克子さま、グランプリ受賞

2017年9月に東京国際フォーラムで、リビングワンダーランド2017が開催されました。発明学会さまの関係で、東海発明研究会の会員でもある小林克子さまが、

見事、クランプリ大賞

を受賞されました。おめでとうございます。

受賞された作品は、東海発明明研究会でも発表いただいていました「軽く持てる脱着斜め取っ手」であり、力学を応用し工夫を重ねられた、本当に使い易いアイデア品です。

市場に広く普及することを期待しています。

日曜発明学校 祝700回達成

皆さまのお陰をもちまして、6月の日曜発明学校は、昭和34年1月より数え、何と700回目という記念すべき会でした。昼食時間が延びましたが、よく写真に入っていただきました。

ありがとうございます。これからも、ご愛顧いただきますよう、よろしくお願いします。

東海テレビに出演

%e3%83%8f%e3%83%84%e3%83%a2%e3%83%8e

東海テレビさまの番組「福田彩乃のハツモノ」に東海発明研究会が出演しました。

MC福田彩乃さまとヴィレッジヴァンガードの長谷川さまによる番組進行の中、東海発明研究会からは、伊藤ふきえさま、太田武敏さま、吉川政子さま、藤川ゆりさまの4名に参加いただきました。収録は随分以前に栄の東海テレビであったのですが、本当に楽しい3時間の収録でした。MCの福田彩乃さまと掛け合いをしながら発明品の紹介をしてもらったのですが、下打合せなどなく、ほとんどがアドリブです。しかし、いずれの方も素晴らしいトークを連発されていました。30分番組のため、使われていない部分も多いのですが、それぞれの方の個性を活かした編集をしていただけたと思っています。番組の最後に「第一回ハツモノ発明大賞」の発表があり、太田さまが選出されました。おめでとうございます。

img_1441    img_1443

科学オモチャ研究会のご紹介

ご講演いただきました市原千明さま主催の「科学オモチャ研究会」をご案内します。

[科学オモチャ研究会]

開催日    毎月の第一日曜日が定例会

時間     10:00~12:00(9:45開場)

場所     市原さま宅 名古屋市昭和区吹上町2-24

連絡先    電話 090-7850-6931 メール yonobunte59@gmail.com

参加費    500円

参加申込み  事前に連絡を入れてください

東研会員の梅田勲さま、読売新聞に掲載

2015年7月15日付けの読売新聞に、東研会員の梅田勲さまの記事が掲載されました。すばらしい活動が注目され、「NEXTらいふ」というコーナーに何と5段抜きで紹介されています。

東研でもお話をされていました「ギターの音色に関する特許」について、ご自身でギター製造会社「パラコーン」を設立され、活発に活動をされているという記事です。

タイトルを「特許の「音色」世界に響け」とし、66際での起業をたたえる内容です。東研のわれわれも大いに参考に、これからも頑張りましょう。

新聞記事内容はこちら ⇒ http://www.yomiuri.co.jp/economy/job/middle/nextlife/20150715-OYT8T50035.html