次回は5月13日、日曜発明学校【予告】

5月は、年一回の総会・東研発明コンクールとなります。
会員の皆さま、コンクール出品作品とともにご参加下さい。初めての方も参加できます。

【5月特別講演予告】
講師:東京理科大学 経営学研究科技術経営専攻 教授 生越由美様
演題:「新製品に活かす伝統技術と発明の関係を考える。

講演要旨:
発明は個人から誕生するものであるが、全てが新規な発明をするのはなかなか大変である。95%以上が改良発明と言われる以上、日本の発明家は日本の伝統技術を見直し、技術を因数分解することが必要と考える。そこで、今回は伝統技術と新製品の関係を解説することにより、今後の発明力を高める一助として頂きたいと思う。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
以下、生越由美先生のプログより
<経歴>
1959年12月、大阪生まれ。1965年以降、東京育ち。
1982年3月東京理科大学薬学部卒業、同年4月経済産業省特許庁入庁、審査第三部審査官、審判部審判官を経て、97年審判部書記課長補佐、2000年特許審査第二部主任上級審査官、02~04年信州大学大学院非常勤講師(兼任)、03年特許審査第二部上席総括審査官(室長)、同年10月政策研究大学院大学助教授を経て、
05年から東京理科大学専門職大学院(MIP)教授、現在に至る。
<現在の主な公職>
知的財産戦略本部コンテンツ・日本ブランド専門調査会委員
内閣府 総合科学技術会議産学官連携功労者表彰選考委員
農林水産 技術会議専門委員
経済産業省 関東経済産業局・広域関東圏知的財産戦略本部員
経済産業省 中国経済産業局・中国地域知的財産戦略本部員
総務省 携帯端末向けマルチメディア放送サービス等の在り方に関する懇談会構成員
経済産業省 ものづくり日本大賞選考事業関東地域選考分科会審査委員
中小企業基盤整備機構 地域資源活用企業化コーディネート活動等支援事業審査会審査委員
埼玉県 科学技術会議委員
<専門分野>
「知財政策」「知財教育」「地域ブランド」「文化産業」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です