東研に関する新刊本、出版となりました

東海発明研究会に関する新刊本が出版されました。個人発明を題材とした小説です。amazon booksなどで購入下さい。

『発明伝房』-凡人凡発明、開き直りの発明小説 井山あきら [著]

サブタイトル通り、凡ですが、【発明小説】という発明をしました!?
発明学会の中本会長には、この本が出来上がるまでご指導をいただき、幸せなことに、以下のような推薦文も頂戴しております。
『発明をまとめるプロセスに、笑いあり、涙ありーーー。ページをめくるごとに引き込まれて、楽しく、一気に読むことができました。まちの発明家の日常や発明学校のことが、見事にまとめられています。この本は、あなたの発明への夢と希望を実現させる確かな一歩となることでしょう。』
現在、私が元気に生活できているのも発明という世界に携わらせていただけたお陰であります。私としてできること、ひとつの答えがこの発明小説でした。是非とも手に取り、お読みください。・・・発明というすばらしい世界に感謝を込めて・・・。 著者より

〔本書の構成〕
プロローグ
第1話 風を継ぐ
凡発明品:うちわ立て
第2話 Crow Stick
凡発明品:健康回転スティック
第3話 時間の戻し方
凡発明品:若返りカレンダー
第4話 バンドエイドドーム
凡発明品:バンドエイドドーム
第5話 発明家の遺伝子
凡発明品:ゴミ収納付ティッシュ
第6話 開運753箸
凡発明品:開運753(なごみ)箸

❖ A5判 240ページ
❖ 2021年8月12日 発売
❖ 定 価 1,760円(税込)
❖ 発 行 日本地域社会研究所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。