第749回 日曜発明学校(2022/8/7)

【8月の勉強内容】
8月1日は「愛知の発明の日」。それに合わせ行われた記念講演をもとに、勉強会を行いました。講演内容は以下のふたつ。
愛知から大阪へ   ~万博の取組みが研究開発のエンジンとなる
2025大阪万博プロデューサー   石川 勝氏
ヒット商品に学ぶ知財戦略 “知的財産なしに語れない大ヒット商品の物語”
元日清食品ホールディングス 加藤 正樹氏

2つ目の元日清食品の加藤氏の講演では、東研7月のキリマルラーメンのお話しに続き、ラーメンの話となりました。チキンラーメンとカップヌードル、この成功には、知的財産戦略が欠かせなかったという話でした。確かに、多くの強豪他社が現れるインスタントラーメン業界、その中で勝ち残ってゆくには知財の活動がポイントだったとのことです。
知財をしっかりと守る活動は、本当に大きな組織でしかできないことを再認識しました。
話しの中、「工業化できない発明品は、一文の価値もない」と、創業者の安藤百福氏の言葉の紹介がありました。勝者のみが言える言葉だなと思います。
また、チキンラーメンの価格を決める際、パート時給に合わせ35円に設定したとのこと。商品を売るのではなく、時間を売るという発想にした話は、これからも何某か関係してくる考え方であろうと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。