第739回 日曜発明学校(2021/3/14)

ご講演は、東海中央クリニックの院長、李節先生。何と13年振りの東研ご講演となります。演題は「若さを保つために考えること」として、楽しく参考になるお話しをいただきました。
まず、東研との関わりなどのお話しがありました。以前は、東研で研究発表もしていただいたとのことです。
テーマに「若さを保つ」とあります。先生ご自身も還暦を超えられたとのことですが、本当に若々しい風貌お姿でありました。また、話され方も丁寧であり、声質もかなりの若さを保たれているようにも感じました。
お話しの中、還暦記念として、世界で2番目に高いバンジージャンプをしたとの映像を拝見した時は、若さというより、何と度胸のある方だと感心してしまいました。また、近くの公園にあるオペラハウスのお話しに至っては、豊かな感受性もお持ちとわかりました。心身ともに若く溌剌とされ、すばらしい人生を送られていること、よくわかりました。その理由のひとつに、発明のあることも。

  
お話しの要点を以下とします。内容を忘れないようにしたいと思います。
まず、肌をきれいに保つための三大原則は、「紫外線を避ける」「石鹸を使わない」「タバコを吸わない」ということです。私は、すべてアウトです。どうりで、顔にしみ・しわ・たるみがあるはずです。いくつもの事例を、具体的に写真・映像などでわかりやすくご説明いただきました。海にとって一番危険な動物は、ひと。肌に悪いものに、ボディソープ。家に帰って、石鹸を全て捨てなければなりません。パン職人さんの手、言われれば衛生管理などと言って、消毒ばかりしている世界、何かおかしいと思っていましたが、若さを保つことの障害になっていることがよくわかりました。
顔のお話しとなります。こちらも、いろいろな映像などでの説明でした。人相の悪い人が改善した例。私には、大いに参考となる内容でした。中国の美男美女として、周恩来と奥様の話がありました。美人の基準が変化する使われる例としては、本当にわかりやすいものでした。
美を意識し化粧や整形ができるのは人間だけ。としての映像は過激すぎます。中国の女の子が、ネットで知り合った男性と会うとなった時の変身ぶりには、ビックリを通り越し、唖然としてしまいます。如何に男が騙されてきたか。それでもいいのですが・・・。
顔の筋肉のお話しは、大いに参考とさせていただきます。眼瞼挙筋の使い方は初めて聞きました。また、筋肉を使えば、別の筋肉も影響を受け鍛えられるという内容は、大いに参考にさせていただきます。
今までの特許に取り組まれた事例として、ピペトップ、ニーヨンカード、うのみくん、安全ピーラーの説明をいただきました。いずれもすばらしい発明品であり、本当にひとにやさしいモノばかりです。若さを手持つには、頭の体操、発明も大変効果があること、教えていただきました。
いつまでも元気で若々しい院長として、東海中央クリニック様の益々の社会貢献を期待申し上げます。李先生には、お忙しい中、本当にありがとうございました。引き続き、東研もよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です