第707回 日曜発明学校 (2018年1月14日)

午前中のご講演は、一般社団法人発明学会の黒田晃様でした。テーマを「商品化の念願、平坦でも茨でもなく運次第でもない、自分で作って行く階段」としていただき、発明学会の中でのご経験の数々から導かれた「商品化」への道筋をお教えいただきました。

東研に合わせ、目次(レジメ)を準備いただき、また多くの発明学会さま資料も配布してもらいました。「身近なヒント発明展」と「ミニコンクール」の違いもはっきり理解することもできました。新春にふさわしく、私たちの商品化を祈願していただくこととなり、本当にありがとうございました。この後は、私たちが自分で進んでゆくという事です。
さて、講演内容について、要点を以下とします。
まず出願書類についてです。権利化を目指すには、あまり力を入れない記載項目があることは知っていましたが、商品化を目指す為には、しっかりと順序に合わせ書く事が良いということを教えていただきました。例えば次のようなことで商品化が近くなるということです。
(1)消費者がスッーと手を出してくれるのか。売り場はどこであり、誰に買ってもらうのかなど、想定しているのか。説明書を読まずして、すぐに何かが分かるようにしないといけない。(2)高度な知識を出すのではなく、少し素朴な振りをするぐらいがちょうど企業が振り向く場合もある。(3)類似商品はどのようなものがあるのか、私はここまで調べています、というメッセージは有効。(4)部材・部品なども検討し、コストに耐えられるかも考えている。・・・・など。
これら(1)~(4)を、明細書の順番に立ち返り、自分はどの程度・段階まで来ているのかを確認しつつ、また進める。これが良いとのことです。即ち、明細書の順
番に従い内容をしっかり書く事が、商品化への近道であるということを教えていただきました。
次に試作品作成の必要性です。試作品を考え続けることで、ふっとアイデアから飛び込んでくることもある、そこまで考え続けると良いという事です。考え続ければ、寝ている際にも自然と問題が整理され、サァーと進むことがあるとのことです。考える事に加え、多くの試作品を作ることがまた商品化への道とのことです。企業の方と打合せをする場合に、その考案品が評価されると同時に、発明者自身も評価されているとのことです。アイデアを説明する際に、数多くの試作品を作っていれば、話自身の説得力は高くなり、また企業側からすれば商品化への多くのテストが省略される点など、メリットは絶大ということです。試作品を作り、課題を乗り越え、また作ることを多く繰り返すことの重要さを、しっかりと教えていただきました。
商品化への「売り込み」についても「その機会」を教えていただきました。商品化の製造販売支援してもらう企業側にも、いろいろなタイミングがあるため、いいものであっても採用されないタイミングが多い。それを克服するため、発明学会さまで「身近なヒント発明展」と「ミニコンクール」があり、その違いのご説明とともに、申込みの際の売り込みポイントなどを教えていただきました。自己紹介をしっかりと書く、試作品は数多くの作成努力をしておくなどです。アイデアが盗まれる心配は、どうしても可能性としてあるが、盗まれるぐらいのアイデアがすばらしいと腹をくくり、いろいろなコンクールに応募するとよいとのアドバイスをいただきました。
今回のお話しを聞き終えれば、まさにタイトル通り「商品化は、平坦ではない。ただし茨でもなさそう。また運だけではない。自分で、繰り返し試作品を作るとともに、売り込みの機会を積極的に活用して行く、だれにでも昇って行ける階段である」ことがよくわかりました。新年早々の時期、わざわざ名古屋までお越しいただき、本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です